変化しているwebマーケティング4選 具体例も記載

こんにちは

 

web業界で働く

 

奴隷コンサルのゆうまです。

 

最新のwebマーケティングを知ることで、競合他社に差をつけて新規顧客を手に入れましょう。

 

 

今アメリカで大きく変化しつつあるwebマーケティングの最新情報を伝えます。

 

 

なぜなら、Webマーケティングの世界はかつてないスピードで進化をしています。

 

 

いままでのやり方では2年以内に過去の手法になってしまいます。

 

 

常に最新の情報を手に入れて、あなたのビジネスにマッチしたマーケティング手法を取り入れていただきたいです。

 

 

今回は4つ手法を紹介していきます。

 

 

・SNSマーケティング

 

SNSマーケティングとは、FacebookやTwitter等のSNSを駆使したマーケティング手法です。

 

 

現在の消費者は、気になったものや、話題のものをGoogleで検索をかけるのではなく、TwitterやInstagramといったSNSで調べます。

 

 

SNSの種類は大きく4つあり、Facebook、Twitter、Instagram、Lineです。

 

 

ターゲット層や、使用している年齢層が異なるため自身のビジネスにあった、SNSを活用しましょう。

 

 

成功事例に無印良品があります。

 

 

無印良品のTwitterアカウントにTwitterに貼ったリンクしか入れないタイムセールのサイトをオープンさせたことがあります。

 

 

数十万円の売り上げにつながったようで、上手くSNSを活用しています。

 

 

パーソナライズマーケティング

 

パーソナライズマーケティングとは、直訳で「個別最適化されたマーケティング」と言われます。

 

 

個人情報をもとに、その人、その人の興味関心に沿った、情報や広告、サービスを提供するマーケティング手法です。

 

 

パーソナライズマーケティングの事例として、Netflixのストリーミングサービスがあります。

 

 

Netflixのストリーミングサービスは、視聴したコンテンツより、映画やテレビのおすすめを表示するだけでなく、

 

 

映画の表紙をパーソナライズして、あなたの好きな俳優や女優を際立たせて画像表示くれます。

 

 

VR・ARマーケティング

 

VRとは「仮想現実」と翻訳され、ARは「拡張現実」と翻訳されます。

 

 

最近多くのアプリに実装されて、体験されている方も多いのではないでしょうか。

 

 

マーケティング手法までとはいきませんが、AR・VRを活用した実例があります。

 

 

VRでは、不増産さんが取り入れたことで話題になりました。

 

 

実際にスマホ画面を傾けることで、内覧したい部屋に行っている体験ができます。

 

 

実際に内乱に行くよりも多くの、物件が確認できて時間効率があがったようです。

 

 

ARでは、ECサイト大手のアマゾンの「ARビュー」があります。

 

 

「Amazonショッピングアプリ」で利用可能です。

 

 

スマホの画面を通じて、大型家具など単なる画像ではわかりにくい実際のサイズ感をあらゆる角度で確認できるようにしています。

 

 

今後、対応を家庭やオフィス向け製品と数を増やしていくと発表しています。

 

 

音声検索

 

Googleホームや、アマゾンEchoといったスマートスピーカーです。

 

 

日本では、いまだスマートスピーカーの馴染みが少なく、所有率は5.5%です。

 

 

しかし、アメリカで26.6%と1/4が所有しているほど、生活になじんでているところです。

 

 

まだ、可能性がある成長市場というところですが、2020年内には4.5兆円規模になると予測されています。

 

 

今から、音声対応をさせることも重要になってくると予測されます。

 

 

新規顧客の集客に迷っていた事業者のかたは、ぜひ取り組んで競合他社よりも1歩でも2歩でもすすんていっていただきたいです。

 

 

それでは、また