モノレートの誰でも分かる使い方(基礎編)

モノレートと聞いたことはあるけれど、使い方が難しそうで使うことを諦めていませんか。

 

実は、この記事で紹介するモノレートの使い方をマスターすれば赤字仕入れが減り、利益が残る商品が判断できるようになります。

 

なぜなら、現在もモノレートを駆使して仕入れを行い、利益を上げている私と物販仲間の使い方だからです。

 

この記事では、利益の出る商品が分かるモノレートの使い方を紹介します。

 

この記事を読み終わると、売れて、利益の残る商品が分かるモノレートの使い方がマスターできます。

モノレートとは(一言二言でまとめる)

アマゾンで販売されている商品の出品者数やアマゾンのランキング、アマゾン内の価格変動を無料で確認するサイトです。

 

今から物販を始める人には必須のツールですので今はは名前だけでも覚えて下さいね。

 

モノレートを使うことで、商品を購入する前に売れるのか、売れないのか判断することができるようになります。

モノレートをマスターすると出来ること

モノレートがどんなツールか簡単に分かったところで、モノレートをマスターすることであなたが出来る様になることを説明します。

 

1点目 売れる商品が分かる

モノレートの出品者数の変動と売れ筋ランキングより売れている商品なのか売れない商品なのか一目で判断することができます。

 

モノレートには、現在の出品者数が分かることはもちろん、過去の出品者数も確認することができます。

また、過去と現在の商品のランキングの推移も分かります。


2つのグラフより商品が過去に売れていて、現在も売れ続けるのかを判断します。


詳しくはモノレートの使い方でご説明します。

 

2点目 仕入れ価格の目安が分かる

モノレートには、出品された期間から現在までの価格を確認する機能があります。

 

どんな時に安く売れていて、どんな時は高く販売されているのかを判断することができます。

 

値崩れが怖くて仕入れができない方でも、いつ安くなるのか、最低価格はいくらなのか分かれば、今仕入れようとしている商品の仕入れ価格が適正価格なのか分かります。

 

3点目 ライバルが分かる

現在と過去の出品者数が分かる機能を使い、ライバルが増える商品なのか、増えづらい商品なのか判断できます。

 

現在商品の価格差があって利益が出る商品でもライバルが増える可能性がある商品では格競争が起こり、安売りになってしまいます。

 

EC物販で怖いのは価格競争になり、安売りになることです。

 

4点目 値崩れする商品か分かる

商品が出品された時から現在までの価格がグラフになっております。

 

そのため、品の価格が少しずつ下がっているのか、最近急に下がったのか、商品の価値が見直され価格が高騰しているのか一目で判断できます。

 

仕入れるタイミングを見誤らないようにしましょう。

モノレートを知らないと損すること

モノレートのやれることは分かりましたが、やることが多すぎて難しそう。

 

モノレートを知らなくても仕入れはできるからまた覚えようと考えたあなた。

 

モノレートをマスターしないと損をしてしまいますよ。

 

どんな損が待っているのか説明します。

 

1 赤字経営にまっしくら

モノレートを見ないで仕入れを行うことは赤字を垂れ流しているのと変わりません。

 

なぜなら、いつまでにいくら売れるのかが判断できないからです。

 

モノレートでは、売れているだけの判断をするのではなく、おおよそいくらで、1ヶ月にいくつ売れているのかデータを見て判断します。

 

そのため、モノレートを見ずに仕入れを行うことはいくつ売れるのか分からないまま大量に仕入れをしてしまったり、100個以上売れるにもかかわらず1個しか仕入れをしないなどの販売機会の損失につながります。

 

2 時間効率が悪い

モノレートを見ないことは多くのECサイトを見ることになり、非常に時間効率が悪いです。

 

仕入れるか仕入れないの判断を5分以上もかけていたら多くの商品を見ることが出来ず仕入れができません。

 

1 商品当たりの時間を短くするために1サイトで完結するモノレートを使いましょう。

モノレートマスターへの基礎編

早速モノレートを使って商品のリサーチをしたいと思っている方、まずは基本を押さえましょう。

モノレートで商品を調べる前の2ステップ準備 

ステップ1 モノレートを使う環境を整えます

パソコンにGoogle Chromeはダウンロードされていますか?

まだの方はパソコンにGoogle Chromeをダウンロードしましょう。
無料でダウンロードできます。
https://www.google.com/intl/ja_jp/chrome/

 

Google Chromeがダウンロード出来たら、Googleの検索窓に「モノレート」と検索しましょう。

 

モノレートが検索できた方はこのような画面が開いているか確認してください。

ステップ2 モノレートで見る場所を確認しましょう。

まずは「B07JDJDRGX」この番号をモノレートの検索欄に入れて 検索をかけてください。

 

 

 

1 ユーザー数(ライバル数)

商品を現在出品しているユーザー数と、過去の商品の出品者数が分かります。

 

2 最安値一覧(販売価格の基準)

過去にいくらで売れたのか分かる価格のグラフです。

 

このグラフから仕入れようとしている商品が売れるのか売れないのか判断することができます。

 

ギザギザが多いほど売れている商品です。

 

下記で詳しくどんなグラフなら売れるのかお伝えします。

 

ランキンググラフの種類

2-1.超高回転商品

アマゾンで超売れている商品です。

1本の線が何度も落ちては上がってを繰り返しているため、線が太く見えますね。

そのため、超売れゆき商品のことを僕は「ギザまゆ商品」と呼んでいます。

 

線が落ちるたびに商品が売れてことを示しています。

したがって、ギザまゆ商品は1日に何十個も売れています。

 

どなたでもギザまゆ商品を見た人は、仕入れをしましょう。

仕入れ数は購入できるだけ購入しても問題ありません。

 

2-2.高回転商品

ギザまゆ商品と比べるとすこしギザギザが少なくなりますが、1日数個は売れている商品です。

 

仕入れ対象として捉えて問題ありません。

 

2-3.中回転商品

ギザギザが数えられるほど減っていますね。

1ヶ月に何度落ちるか数え仕入れをしていく必要があります。

 

何個も仕入れてしまうと売れるまでに売り切れるまでに時間が掛かってしまうので、仕入れ数に注意しましょう。

 

物販事業をまだ1ヶ月弱の方は中回転商品以上の回転率の商品を仕入れましょう。

 

2-4.やや低回転商品

ここからは物販事業に慣れてきた2ヶ月〜3ヶ月の方を対象にお伝えします。

1ヶ月に1個売れるか売れないかの商品です。

 

販売者がいない場合や一人しかいない場合は仕入れを検討しても大丈夫ですが、自分以外に二人以上

ライバルがいる場合は仕入れを見送りましょう。

 

売れ残り、資金回収が遅くなる、もしくは不良在庫につながる可能性があります。

 

2-5.低回転商品

ほとんど売れていない商品です。

 

期間や価格によって売れるタイミングはあると予想できますが、少し複雑なお話なので詳しくはまたお話しします。

 

ライバルのチェック

仕入れる商品の回転がいい、仕入れ価格も問題ないから仕入れ用とお考えのあなた!!
少しお待ちください。

 

売れるからといっても、いつまでに売れるか確認しましたか。
仕入れた商品がどのくらいで売り切れるのかを判断してからでないと資金が回らなくなってしまいます。

 

商品の回転数を調べた後は、現在商品に出品者が何人いるのか確認する必要があります。

 

ゲジまゆ商品なら出品者が数十人いても売れ残る可能性は少ないため、仕入れをしても問題ありません。

 

しかし、中回転商品の場合は常に出品者の数を意識して仕入れを行いましょう。

モノレートと組み合わせると最強のツール

副業の物販事業で利益を上げるためには仕入れ量を増やすことが必須です。

 

仕入れ量を増やすために、商品リサーチの時間をいかに少なくするかが重要になります。

 

モノレートと組み合わせることであなたの仕入れ時間を半分にしてくれるオススメツール2選です。

 

早めにツールを導入して、利益を増やしましょう。

 

オススメのツール1 せどりすとプレミアム

Iphoneユーザー限定のアプリです。
モノレートの相性は抜群です。


せどりすとプレミアム内で商品検索をかけるモノレートも表示されます。

 

モノレートに直接打ち込むと表示されない商品もせどりすとプレミアムを通すことで見つけることができます。

 

さらに、無料ツールがある中で、あえて有料版をオススメ理由は、仕入れだけではなく、出品も効率化できるためです。

 

出品作業は売り上げには繋がらない行動です。
一人で副業をやっていくためには一番省きたい時間です。

 

その出品作業を30%も短縮できるのがセドリストプレミアムです。

 

実際に僕はセドリストプレミアムを導入した結果、仕入れスピードが3倍になり、出品時間が50%も短くなりました。

 

セドリストプレミアムの募集は不定期でいつ開催されているか分かりません。

 

募集が開催されていましたら、すぐ申し込むことをオススメします。

 

オススメのツール2 バーコードリーダー 

モノレート 、せどりすとプレミアムと相性がいいのが、バーコードリーダーです。

 

仕入れはいかに時間短縮するかがポイントになりますが、スマホのカメラ機能でのバーコード読み取りは時間がかかってしまいます。

また、最近のスマホは片手に収まらないほど大きいものが多く、バーコードの読み込みがしづらいです。

 

バーコードリーダーを使い、一度に読み取ってしまえばあとはスマホで読み取った商品のモノレートを確認するだけで仕入れ時間が15%も短くなります。

 

おすすめのバーコードリーダーはKDC200iMですが、少し割高のためEyoyo バーコードスキャナーでも問題ありません。

 

さらにBluetoothイヤホンと連動させることで、スマホを見ることなく音声だけで仕入れを行っている仲間もいました。

 

さらに仕入れ時間を短くしたいと考えている方は試してみると良いです。

 

まずはグラフを読み取れるようにして、自身の資金に合った仕入れをしていきましょう。

オススメの商品はこちらから

モノレートを制するものが物販を制する

モノレートとは、アマゾン内の価格変動を無料で確認するサイトです。

 

モノレートをマスターする事と出来ること
1. 売れる商品が分かる
2. 仕入れ価格の目安が分かる
3. ライバルが分かる
4. 値崩れする商品か分かる

 

モノレートを知らないと損すること
1. 赤字経営にまっしくら
2. 時間効率が悪い

 

モノレートマスターへの基礎編
ステップ1 モノレートを使う環境を整える
ステップ2 モノレートで見る場所を確認する

 

モノレートグラフで覚えるグラフ
1.最安値グラフ
2.ランキンググラフ
3.超高回転商品
4.高回転商品
5.中回転商品
6.やや低回転商品
7.低回転商品

 

モノレートと組み合わせると最強のツール
1. せどりすとプレミアム
2. バーコードリーダー
3. Bluetoothイヤホン