やりたいことがないは嘘

こんにちは

 

web業界で働く

 

奴隷コンサルのゆうまです。

 

 

知らないから見つからないだけです

 

 

なぜなら、人は知らないことは想像できせません。

 

 

想像できないことはやりたいと思えないからです。

 

 

今あなたの知っている仕事を書き出して見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

 

 

いくつ思い浮かびましたか。

 

 

美容師さん、カフェの店員さん、お医者さん、弁護士さん、総理大臣

 

 

と少なくとも20個ほどば思い浮かんだのではないでしょうか?

 

 

しかし、思い浮かんだものはあなたがどこかで聞いたり、見たり知っているからです。

 

 

最近僕が聞いて驚いた仕事は、コピーライター というお仕事でした。

 

 

ライターならイメージが湧きますが、コピーライター と言われると何の仕事をしているのか全く想像もできませんでした。

 

 

簡単にご説明すると、商品、サービスの広告の文言を作成する仕事です。

 

 

ん?

 

 

ん?

 

 

全然伝わりませんね。

 

 

それもそのはず、

 

 

コピーライター と言っても大きく分けて3種類あり、全てに共通することが先ほど挙げた「商品、サービスの広告の文言を作成する仕事」です。

 

 

コピーライター を詳しく知りたい方がいらっしゃるようなら後日また、お話ししますね。

 

 

特にセールスコピーライターというコピーライター についてお話ができます。

 

 

本題に戻りますが、あなたはコピーライター という仕事を知っていましたか。

 

 

ライターでなく、コピーライター という仕事です。

 

 

知らなければ、やることもできないとお話をしましたが、コピーライター の例よりイメージが湧いていただけたのではないでしょうか。

 

 

自分にはやりたいことがわからないという方は圧倒的にインプット量が足りていないか、毎日同じことを繰り返してしまっているのではないでしょうか。

 

 

5分で今週を振り返ってみてください。

 

 

全く変化がないのではないでしょうか。

 

 

唯一違うことといえば、昼ごはんと夜ご飯のメニュー内容くらいではないですか。

 

 

それでは、やりたいことや、得意なこと、好きなことはみつかりません。

 

 

まずは、1日に1つでいいので、昨日の自分より知っていることを増やしましょう。

 

 

昨日の自分より成長したのか実感が湧かない方はこちらも参考にしてみてください。

参考記事

 

それではまた。